探すよ酵素ドリンク
探すよ酵素ドリンク
ホーム > 子育て > 検査で防げる赤ちゃんのアレルギー

検査で防げる赤ちゃんのアレルギー

 

アレルギーに見舞われる赤ちゃんというのは思いのほか多いもので、この疾患に陥る割合は10人に1人とも言われています。

 

また、現れる症状も皮膚がカサカサしたり、赤い発疹が出たりと赤ちゃんによって様々です。

時には痒みで一晩中ぐずつくなど、とても可愛そうな状況になってしまいます。

 

中にはケロッとして不快さを表に出さない子も居ますが、だからといって、そのままにしておくのは良くありません。

 

放置しておく期間が長ければ長いほど、症状が悪化する恐れがあります。

 

なので、少しでも異常が見られたらすみやかにクリニック等で受診するように心がけましょう。

 

病院を訪れる際は、「いつごろから症状が出たか」それに「今の状態」「親族にアレルギー患者が居るか・否か」等の問診にきちんと答えられるように、あらかじめ調べておくことが大切です。

 

また、飲んでいるのは母乳か粉ミルクなのか、あるいは離乳食を開始しているのかの問いにもすぐに答えられるようにしておくと良いでしょう。

 

その後、「食物アレルギーの検査」を行なうことになります。

 

これは食べる事によって症状が出た食物を、試験的に止めてみたり、敢えて食べさせてみる検査です。

 

とくに、食べさせてみる検査では時として赤ちゃんが重篤な症状に見舞われる恐れもあることから、医師のもとで実施するのが前提となっています。

 

さらにくわしく調べてもらいたい場合は「血液検査」をお勧めしたいです。

 

この方法なら、より確かな結果を得られますので効率的にアレルゲンとなる食品を避けることができます。赤ちゃんの便秘は離乳食にコレをプラスしてみてください!