探すよ酵素ドリンク
探すよ酵素ドリンク
ホーム > 健康 > 多汗症とは何か?

多汗症とは何か?

人間は汗をかくことによって体温調整をすることができるのですが、必要以上に多量の汗をかいてしまうという状態は多汗症と言う病気が疑われる事があります。特に激しい運動をした後でも暑いわけでもないのに常に多量の汗をかいてしまうと言う場合、汗のメカニズムが崩れてしまっている可能性があるので多汗症である可能性が高くなっています。

多汗症の特徴は体温調節をする必要がない時でも汗をかいてしまうというところなのですが、どの程度の汗をかいたら多汗症であるのかという判断基準が曖昧であるため自分で自覚することが難しいと言うところがあります。そのため自分では単純に汗かきだと思っていたと言う人も少なくなく、周囲の人の認知も汗かきであると思われていることが多いので病気であると言う自覚をすることは困難だとされています。

また多汗症は全身性と局所性の2種類があり、全身性は名前の通り全身に多量の汗をかく状態です。主な原因としては結核や婦人病、更年期障害やホルモンバランスの乱れ・急性リウマチなどが挙げられています。それに対して局所性は多汗症の中でも最も多く、体の一部にのみ多量の汗をかいてしまう状態です。特に手のひらや脇の下、足の裏にかくことが多く、自律神経の乱れや精神的ストレスが原因だと考えられています。多汗症を改善する20の方法